INTERVIEWインタビュー

ものづくりへの熱い想いを、社長が受け止めてくれた。

ものづくりへの熱い想いを、
社長が受け止めてくれた。

入社1年目/男性/N

京都大学を卒業後、新卒で大手カメラメーカーに就職しました。そこで2年半ほど、部品の管理や受発注業務をしていました。入社当初は「世界的な大企業の一員になれた」という自信があったものの、徐々に自分の仕事に物足りなさを感じるようになり、「もっとワクワクしながら働きたい」と転職を決意。もともと「ものづくり」が好きだったことから、「自分でアプリをつくってみよう」と独学でPythonのスキルを身につけました。
転職活動中、実際に自分でつくったアプリを企業にアピールして回っていたところ、一番興味を持ってくれたのがシャフトの山崎社長。開発の実務経験が無いことも気にせず、「これ自分で勉強してつくったの?どんな風につくったの?」と熱心に話を聞いてくれました。面接を受けた他のどの企業よりも、「技術」や「開発」に対 する熱 い想 いを感じたことが 、シャフトへの入社を決めた一番の理由です。

「機械学習」や「IoT」。最新技術を、働きながら学べる。

「機械学習」や「IoT」。
最新技術を、働きながら学べる。

入社2年目/男性/Y

学生時代にJavaのスキルを身につけ、卒業後はIT企業に就職し、SEになりました。「.NET」や「Objective-C」など幅広い開発環境で実務をこなしていましたが、会社の事業縮小に伴い、転職することに。SNSなどを通じ、いくつかの企業からオファーをいただいたなかで、真っ先に目に留まったのがシャフトの求人でした。勉強会などを通じて最新のIT技術に触れられること、今後自社製品の開発などにも挑戦していくということなどにおもしろみを感じ、面接を受けました。面接で印象的だったのは、開発に対する山崎社長の熱意。社長自身、現役バリバリの開発エンジニアということもあり、新しいことにチャレンジする楽しみを、誰よりも知っていることが伝わってきました。社内の勉強会では「AI」や「IoT」など最新技術に触れることもできると知り、機械学習に興味があった自分には、とても魅力的な職場でした。

COBOLからJavaへのスキルチェンジ。スキルが身につき、給与もアップ。

COBOLからJavaへのスキルチェンジ。
スキルが身につき、給与もアップ。

入社2年目/男性/O

前職はCOBOLを使って金融系や保険系のシステム開発を行っていました。1年 ほど続けていましたが、Javaを使ってい た友人 の影響もあり、「自分もオープン系の開発をやってみたい」とスキルチェンジできる環境を探すことに。そのときに見つけたのが、シャフトです。給与面や労働時間、休日などいくつか魅力的なことはありましたが、一番惹かれたのは、前職時代 に身につけたCOBOLのスキルを活かしながら、同時進行でJavaを社内で一から勉強できる、ということでした。入社後は、早速社内の勉強会に参加。社長自らJavaの基本スキルを丁寧に教えてくださいました。内容は問題形式で学べるので、楽しみながら取り組め、習得も早く実践的。短期間で新しい技術を身につけることができました。収入に関しては、前職と比べて月に3万円以上アップ。スキルも身について生活も安定したので、とても満足しています。

家族参加型の社内イベントも多数。家庭との両立もできる環境。

家族参加型の社内イベントも多数。
家庭との両立もできる環境。

入社4年目/女性/S

BBQや「アナログゲーム会」など、社内イベントも盛んに行われている当社。ほぼ毎回、娘と一緒に参加させてもらっています。今では、娘が「山崎さん(代表)、元気?」と言うほど、すっかり会社に馴染んでいます(笑)。子育てと仕事の両立ができているのも、当社ならではの環境のおかげです。特にありがたいのは、新しいプロジェクトが始まる前に、勤務地や時間の希望を出せること。娘の送り迎えを考慮してもらい、自宅から近く、残業もない案件を任せてもらっています。また、前職ではあまり開発に携わることができませんでしたが、シャフトに来てからは開発一本。日々新しいことにチャレンジできるので、やりがいを感じています。上の人から「これをやれ」「もっとがんばれ」と指示されるのではなく、一人ひとりが「次はこれをやりたい」「こんなスキルを身につけたい」と自ら動く雰囲気が、シャフトの魅力だと思います。